尿管結石症

症状

Symptom

  • 急にわきばらが痛くな
  • 急に下腹が痛くなる
  • わきばらの痛みと吐き気がする
  • 痛みを繰り返す
  • おしっこに血がまじる

尿管結石症とは?

腎臓から尿道までの尿の通り道(尿路)に結石ができる病気です。

40~50代男性、閉経後の女性に多くみられます。

近年は食生活など生活様式の変化から、20~30代男女にも見られるようになりました。

尿管結石で苦しむ患者様の数は年々増加傾向にあります。

夜間や早朝に急激な痛みを発症することも特徴です。

結石のある部位で呼び方がかわります。

腎臓にあれば腎結石、尿管は尿管結石、膀胱は膀胱結石です。

腎結石はほとんど症状がありません。

健康診断の超音波検査で偶然発見されることが多いです。

尿管結石は激痛です。

結石が尿管に詰まり、尿が流れなくなるため、腎臓に尿がたまってしまいます。

腎臓が尿でパンパンに膨らむことで激痛が生じるのです。

膀胱結石は排尿時の痛み頻尿になることがあります。

尿管結石症の検査は?

尿検査

STEP
1

超音波検査

STEP
2

CT検査(提携病院)

STEP
3

1.尿検査

おしっこに血がまじっていないかを調べます。

尿管結石はおしっこの中に血液がまじります。

トイレで見ておしっこに血がまじっていなくても、検査する尿中に血液反応が出ることがあります。

おしっこに血がまじらない尿管結石もあるので注意が必要です。

2.超音波検査

超音波で腎臓をみます。

尿管結石が尿管につまる(嵌頓する)と腎臓から作られたおしっこが流れなくなります。

行き場を失ったおしっこが腎臓にたまるので、腎臓がはれるます。

これを水腎症といいます。

水腎症の存在は尿管結石を疑います。

3.CT検査(提携先紹介)

尿管結石の有無を調べます。

CT検査では尿管結石が白くうつります。

尿管結石のサイズと位置がわかります。

それに応じて治療方針をたてます。

  • サイズ小:自然にでる
  • サイズ大:手術や衝撃波

サイズが小さくても、長期間体外へ排出されない場合には手術や衝撃波による治療をおすすめします。

長期間体内にとどまっていると、

  • 腎臓に負担(腎機能障害)
  • 感染症の原因
  • 痛み

などの悪いことがあります。

CTは提携している病院で行います。

尿管結石症の治療法は?

1.飲み薬(内服薬・座薬)

痛み止め(鎮痛薬)を処方します。

座薬が1番効果があります。

残念ながら、できてしまった結石を溶かしてしまう薬はありません。

痛み止めを使いながら尿管結石が身体の外へ出るのを待ちます。

2.手術

結石のサイズが大きい場合には自然に身体の外には出ません。

尿管結石を破砕(こなごなに)する手術が必要です。

手術の方法は大きくわけて2つあります。

  • 経尿道的尿管結石破砕術(TUL)
  • 体外衝撃波結石破砕術(ESWL)

尿管結石のサイズと位置によってどちらが適しているか異なります。

手術が必要な場合には提携先病院へ紹介させていただきます。

3.生活指導

尿管結石の成分は「カルシウム」と「尿酸」であることがほとんどです。

食生活の欧米化にともない、若くても尿管結石になる患者様が増えています。

尿管結石できやすい人は高尿酸血症、高脂血症、動脈硬化など生活習慣病になっていることが多いのです。

つまり生活習慣を改善させることで尿管結石を予防できます。

改善のポイント

  • 十分な水分摂取
  • 栄養バランスのよい食生活
  • 適度なアルコール
  • 適度な運動

尿管結石は激痛です。

また尿路感染をおこすと命にかかわることもあります。

できないように予防することが大切です。

膀胱がん

症状

Symptom

  • でるとき痛みのない血尿
  • トイレの便器が赤くそまる
  • おしっこが残っている感じ
  • トイレの回数が増えた(頻尿)

膀胱がんとは?

膀胱は尿をためる臓器です。

膀胱の内側は柔らかい粘膜(尿路上皮)でおおわれています。

ここにできる悪性腫瘍が「膀胱がん」です。

代表的な症状は血尿です。

なかでも「痛みがない」血尿(無症候性肉眼的血尿)が特徴です。

膀胱炎や尿路結石症は痛みがあります。

強い痛みや症状のある方が重症だと思うか方が多いと思います。

膀胱がんは逆で、痛みのない血尿が特徴です。

もちろん膀胱炎のような症状がでることもあります。

くりかえす膀胱炎持続する排尿時の違和感がある場合には検査をおすすめします。

膀胱がんの80%は膀胱粘膜の表面にできます。

初回の手術後も約50~60%の方で膀胱の中に再発します。

この高い再発率も膀胱がんの特徴といえます。

早期発見・治療が大切なので術後も定期的な通院・検査が必要になります。

膀胱がんの検査は?

尿検査・尿細胞診検査

STEP
1

超音波検査

STEP
2

膀胱鏡検査

STEP
3

1.尿検査・尿細胞診検査

尿検査でおしっこに血がまじっている(血尿)か調べます。

膀胱がんの多くは血尿が出ます。

血尿の中にも見てすぐにわかるような血尿(肉眼的血尿)もあれば、検査で調べないとわからない血尿(顕微鏡的血尿)もあります。

またおしっこの中に「がん」の細胞がないか、尿細胞診検査で調べることができます。

2.超音波検査

膀胱を超音波で調べる検査です。

痛みはありません。

尿を貯めた状態で超音波を下腹部にあてます。

膀胱におでき(腫瘤)がないかをみます。

3.膀胱鏡検査

専用の細いカメラ(膀胱鏡)を尿道からいれて、膀胱を内側からみる検査です。

カメラが尿道をとおるときに違和感や軽い痛みがあります。

検査は2~3分程度でおわります。

膀胱のかべ(粘膜)に異常がないかを調べることができます。

膀胱がんを疑った場合には必ずやる検査です。

当院でも膀胱鏡検査できます。

膀胱がんの治療法は?

1.手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術)

まずは経尿道経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)をおこないます。

尿道から手術の機械をいれ、膀胱がんを内側からけずりとります。

身体に傷はつきません。

腫瘍の大きさや数、また病院にもよりますが5~7日間程度の入院が必要です。

手術は提携先病院へ紹介させていただきます。

もちろんご希望の病院があれば、そちらへ紹介も可能です。

けずりとった膀胱がんを顕微鏡で調べます(病理検査)。

病理検査の結果により、今後の治療方針が決まります。

膀胱がんの治療方針は?

病理検査によって、

膀胱がんの根がどこまで深いのか?

がわかります。

膀胱をつつむ筋肉へ浸潤しているか、浸潤していないかが大切です。

筋肉まで浸潤している場合はリンパ節や他の臓器に悪さをする可能性があります。

これを「転移」といいます。

つまり筋肉まで浸潤している膀胱がんは転移する可能性があるので、

大きな治療が必要になってくるのです。

他の臓器に転移しているか、

画像検査(CT検査)で調べます。

すでに転移している場合には膀胱全摘術はせずに化学療法(抗がん剤治療)を行います。

参考文献:膀胱癌診療ガイドライン2019

おねしょ(夜尿症)

症状

Symptom

  • おねしょ
  • 夜寝ている間の尿もれ

おねしょ・夜尿症とは?

5歳未満の子供では、寝ている間の尿もれを「おねしょ」といいます。

5歳以降で月1回以上のおねしょが3カ月以上続く場合には「夜尿症」と診断されます。

日本の小中学生を含む5~15歳の約80万人(推定)が夜尿症になやんでいます。

アレルギーの病気に次いで2番目に多い子供のトラブルといわれています。

一般的には成長とともに自然になおります。

おねしょが続く場合も、生活習慣の改善やお薬で治療することができます。

治療開始後、半年までに約80%の子供で症状が改善したという報告があります。

また治療開始2年後で、75%以上の子供がおねしょを卒業したという報告もあります。

早めに治療した方が、治癒率が高いとされています。

気になる方は、お気軽にご相談ください。

ポイント

  • おねしょは子供によくある症状です。
  • 性格や育て方は関係ありません。
  • 治療することができます。
  • まずは相談を